トピックス

2018年07月12日

旬の湘南レッドを味わう 野永めしセミナー ~神奈川のブランド野菜編~

 JA全中・農業・農村ギャラリー(東京都)は、6月15日、日本橋「ゆかり」三代目・野永喜三夫氏による「野永めしセミナー~神奈川のブランド野菜編~」を開講し、幅広い年代の受講者が集まった。

 セミナー開講にあたり、湘南農協の直売所「あさつゆ広場」田中祐輝店長が「『湘南レッド』は黄タマネギに比べて辛味や刺激臭が少なく、甘味が強い点が特徴。6~7月が出荷シーズンで、まさに今が旬の一品」と参加者へPRした。

 野永氏はセミナーのために「やまゆりポークと湘南レッドとキュウリの初夏スープ」、「やまゆりポーク、湘南レッド、キュウリのさっぱり梅マヨ和え」など、「湘南レッド」を中心に、神奈川県産農畜産物を使った料理を考案。「『湘南レッド』は加熱しても色が飛ばず、赤みが発色して彩りがきれいになる」と食材の紹介を交えながら、45分間のセミナーで手軽に作れる4品を実演講習した。

 参加者は「『湘南レッド』はサラダなど、生で食べるものだと思っていたが、加熱してもおいしい」、「美味しい季節の野菜で色々な味が楽しめる」と完成した料理に舌鼓を打った。