生産する(やまゆりポークができるまで)

やまゆりポーク

選び抜かれた「やまゆりポーク」。
神奈川県には約60戸の養豚農家があります。そのうち9戸の養豚農家がやまゆりポークを生産しています。
9戸のやまゆりポークの生産者は、「やまゆりポーク生産者協議会」を結成し、研究を重ねた結果たどりついた“こだわりの品種”と“こだわりの飼料”により生産 した豚肉から、さらに厳しい基準で選び抜いたものだけを、「やまゆりポーク」として流通しているのです。
それでは、「やまゆりポーク」が皆さんの食卓に並ぶまでを順番に見学していきましょう。

見学コース1 生産農場

生産農場

やまゆりポークは神奈川県内に9戸ある指定農場で、厳格な生 産管理のもと厳選された種豚・こだわりの配合飼料を使って育てられています。

衛生管理の行き届いた豚舎内で、豚たちはのびのびと育っています。

豚舎で飼育される豚

豚舎で飼育される豚

豚舎の様子

豚舎の様子

見学コース2 やまゆりポーク専用飼料

より健康で、よりおいしい豚肉づくりのために、やまゆりポークは大麦を豊富に含んだ専用の配合飼料を食べて育てています。
また、ビタミンEを添加することにより、いままでにも増してジューシーな肉質を実現することができました。
うまみに富む肉質、ゆりの花のように白くきれいな脂肪ができるひみつのひとつです。

指定配合飼料の主な原料

指定配合飼料の主な原料

左:とうもろこし
中央下:大麦
中央上:大豆粕
右:マイロ(こうりゃん)

これらの原料を主に、バランスよく配合されたものを給与しています。

見学コース3

丹精込めて育てた豚は、徹底した衛生管理が行き届いたふたつの食肉処理場で枝肉に加工されます。
そこでさらに選び抜かれた枝肉だけが、初めて「やまゆりポーク」として流通されるのです。

(株)神奈川食肉センター(厚木市)

(株)神奈川食肉センター(厚木市)
神奈川県の中央部厚木市に、平成14年に設立された最新鋭の県の食肉処理場です。

横浜市中央卸売市場食肉市場(横浜市)

横浜市中央卸売市場食肉市場(横浜市)
日本有数の大都市、横浜市の台所ともいえる横浜市中央卸売市場の中にあります。

見学コース4 やまゆりポーク勉強会

やまゆりポークの生産者は、さらにおいしいやまゆりポークを皆さまにお届けするため、定期的に勉強会を行っています!

やまゆりポーク勉強会の様子

1989年に県花「やまゆり」にちなんで名付けられた「やまゆりポーク」。私たちは、今の評価に満足することなく“よりおいしい豚肉”を目指し、今日も研究を続けています。

やまゆりポーク勉強会の様子

勉強会での生産者の目は真剣そのもの。その視線の先には「やまゆりポーク」のさらなる進歩があります。

やまゆりポーク勉強会の様子

皆さまにおいしい「やまゆりポーク」をお届けするために、今日も頑張っています!

見学コース5 販売店

県内のAコープ店・お肉屋さんを中心に、新鮮な「やまゆりポーク」が販売されています。
神奈川県の生んだ「やまゆりポーク」。その贅沢な味わいをぜひお楽しみください。

Aコープ旭店

撮影協力:Aコープ旭店

秋澤精肉店

撮影協力:秋澤精肉店

勝牛

撮影協力:勝牛

豚肉はビタミンB1の宝庫!疲労回復には豚肉を食べましょう。